all contents Books Gallery

SBC モーニングワイドラジオJ 8月28日(水)放送

 

SBCラジオ モーニングワイド「ラジオJ」の中で毎月第4水曜日の放送内「Jのコラム」で本の紹介を担当させていただいています。今月の番組内で紹介した3冊の本を改めてピックアップ。

◎書籍情報を記載しますので遠方の方も興味が湧いたら、お近くの書店で探してみてください。

 

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎

 

靴ひも

著 者  ドメニコ・スタルノーネ
発 行  2019年11月
出版社  新潮社

 

イタリアの作家が送る家族の在り方を問うミステリー!?あえて、衝撃の問題作……と言わせていただきます。

ヴァカンスから帰ってきた老夫婦の目の前に広がるのは、何者かにめちゃくちゃに荒らされた我が家。飼っていた猫が姿を消した以外、取られたものは何もなく……。 犯人は一体誰なのか。目的は!?猫は生きているのか!?

・老夫婦がまだ若かったころ、愛人の元へ出て行った夫に宛てた妻からの9通の手紙。
・夫の目線で描かれる、ヴァカンスに出かけて帰ってきたときの状況。
・そして両親のヴァカンス中、留守を頼まれた子供2人の数時間の出来事。

この3章で成り立つこの物語は、単なるミステリーでも家族物語でもなく、その核心を深く鋭く描きます。結ばれている間は強固に見える絆も、一旦緩むとみるみるほどけていく。血が繋がっている家族だからこそ綺麗事では済まされない現状に心が締め付けられます。 正直、この家族の誰一人共感できる登場人物はいなかったのですが、それでも読み終わった時にこの家族の幸せを願ってしまう、そんな不思議な物語。

夫婦のヴァカンス中に起きた犯人の謎と合わせて、この家族一人ひとりの想いに触れながら読んでみてください。

 

 
✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎
 
 

観察の練習

著 者  菅 俊一
発 行  2017年12月
出版社  ヌマブックス

 

日常の普通の風景の中にある違和感を見つける訓練本。


まずは著者が切り取った1枚の写真を眺め、その中にある違和感を見つけます。次にページをめくって書かれている著者の感じた違和感と、自分の感じた違和感を照らし合わせます。

赤青鉛筆、手で持つ部分の色分けどうやってやっていると思いますか? 店員が言う「いらっしゃいませ」、色んな意味・効果が含まれている事知ってますか? マクドナルドのハンバーガーの包み紙に隠された暗号、わかりますか?

いずれの違和感にも正解はありません。 写真を見て考え、そしてゆっくりページをめくって見てください。新たな気づきや発見で思わずニンマリする事間違いなし。いかに今まで先入観で自分勝手に解釈していたかに驚きます。

明日から見える世界が変わるかも!?

 

 
✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎
 
 

決定版 長くつ下のピッピの本

 作   アストリッド・リンドグレーン
 絵   イングッド・ヴァン・ニーマン
 訳   石井登志子
発 行  2018年11月
出版社  徳間書店

 

ちゃんと読んだ事がなくても、でも誰もが知ってる世界一有名な女の子、ピッピの決定版。

ピッピといえば、そばかすにかたく編んだ三つ編み、左右で違う靴下を履いている、とにかく怪力の女の子。そんなピッピが仲間と繰り広げる冒険の数々。

ピッピ三部作である「長くつ下のピッピ」「ピッピ船に乗る」「ピッピ南の島へ」を著者のアストリッドが自ら選び抜き1冊にまとめました。 中の挿絵もカラーでポップで読んでいてワクワク気分がさらに高まり、ピッピの世界へと誘います。

いつも元気なピッピの姿に大人になっても勇気をもらいます。 大人もつい夢中になってします、ピッピ決定版。家の本棚に置いておきたい1冊です。

 

 

 

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎

SBC モーニングワイド・ラジオJ